news  profile  works  blog  contact


大竹夏紀・染色アーティスト
1982年群馬県富岡市生まれ。
2006年多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業。
2008年多摩美術大学大学院デザイン専攻テキスタイルデザイン修了。

■2008年 多摩美術大学大学院テキスタイルデザイン専攻修了制作展/ギャラリー ル・ベイン
■2008年 個展「大竹夏紀展1」/GALLERY b.TOKYO(銀座)
■2009年 個展「idora specus」/GALLERY POINT(恵比寿)
■2009年 neoneo展 Part2[女子]/高橋コレクション日比谷(日比谷)
■2010年 個展「Affection of idols 」/DISEL DENIM GALLERY AOYAMA(表参道)
■2010年 2010年度東京モード学園テレビCM起用
■2011年 個展「My Affection for Idols」/MICHEKO GALERIE (ドイツ、ミュンヘン)
■2012年 個展「大竹夏紀展5」/GALLERY b.TOKYO(銀座)
■2013年 「絹・未来へ 大竹夏紀展」同時開催展示/群馬県立日本絹の里
■2013年 特別展示「大竹夏紀─光をまとった少女たち─」/群馬県立近代美術館
■2014年 第11回上毛芸術文化賞受賞(上毛新聞社主催)
■2015年 日仏交流式典「絹が結ぶ縁(SOYEUXDESTINS)」作品展示 リヨン織物装飾芸術博物館(フランス)

染色の伝統技法であるロウケツ染めで少女絵を鮮やかにPOPに描く。
テーマである少女とは「アイドル」のことである。
少女漫画のヒロインやメディアに登場するアイドル達は
かわいい魅力でキラキラとまぶしく見るものに夢を与える。
徹底して愛らしさを求められた少女達は
人々から憧憬され、誇張され、生身の現実感から離れてゆく。
そして人々の欲望と妄想で作られた少女像は圧倒的な存在感を放ち始める。
決してリアルではない仮想現実な夢である彼女達。
そんな現代の少女像「アイドル」を描く。



NATSUKI OTAKE
Born in 1982
Received a Bachelor’s Degree in Product Design (Textile Design) at Tama Art University in 2006
Received a Master’s Degree in Design (Textile Design) at Tama Art University in 2008

EXHIBITIONS,ACTIVITY
■In 2008, an exhibition of Natsuki Otake’s graduation works at Gallery le bain
■In 2008, Solo Exhibition "Otake Natsuki Exhibition 1" / GALLERY b.TOKYO (Tokyo, Japan)
■In 2009, Solo Exhibition "idora specus" / GALLERY POINT (Tokyo, Japan)
■In 2009, Joint Exhibition"neoneo Exhibition Part2 [girls]" / Takahashi Collection Hibiya (Tokyo, Japan)
■In 2010, Solo Exhibition "Affection of idols" / DISEL DENIM GALLERY AOYAMA (Tokyo, Japan)
■In 2010, Work of Natsuki Otake is appointed to Tokyo Mode Gakuen TV CM
■In 2011, Solo Exhibition "My Affection for Idols" / MICHEKO GALERIE (Germany, Munich)
■In 2011, Solo Exhibition "Otake Natsuki Exhibition 5" / GALLERY b.TOKYO (Tokyo, Japan)
■In 2013, Solo Exhibition "to silk and Future" / Gunma Prefectural Japan silk village (Japan, Gunma)
■In 2013, Solo Exhibition "girls wearing a shine" / Gunma Prefectural Museum of Modern Art (Japan, Gunma)
■In 2014, Awarded the 11th Culture Award that sponsored by Jomo-newspaper

STATEMENT
I use a technique of batik which is a traditional way of dyeing cloth, and I describe “a girl” with vivid colors in a way of pop art. The theme of my works is “an idol.” In Japanese girls’ comic books and in Japanese media, the heroines are often described as dazzlingly attractive and sweet, and they bring viewers a sort of dreams. Although they are the figures of what boys and girls dream for, they tend to be characterized in exaggerated way and getting far from the real human beings. The images of those cute girls made up by people’s desires and delusions started to give many viewers an impact. However, they are only created by people’s imaginations and virtual reality. I’d like to describe that kind of “idolized girls” of today.





ろうけつ染め
模様部分を蝋で防染し、染色する伝統的な染色法。中国では新疆ウイグル自治区ホータン地区・ニヤ県の精絶国遺跡の東漢墓から蝋染の綿布が発見されていることから2〜3世紀ごろから、ろうけつ染めの技法があったと見られる。日本では正倉院宝物に見られるなど、天平時代から見られる伝統的染色技法。着物などの反物の染色によく見られ、京都の京友禅でも「蝋纈友禅」がある。

蝋けつ染め絵画の制作工程
使用染料道具



Copyright Natsuki Otake All Rights Reserved